世界を救う一般投稿の企画書コンテスト 「i wonder...」

 

グランプリ受賞者インタビュー

 

課題:

仕事が終わっていても帰りづらい社員を、

上司があえて帰らせたくなる企画


受賞者井上寛太

自営業)

 

企画名Work Life Eco

インタビュアー(野沢)

 

・wonderに応募しようと思った理由

単純に面白いコンテストだと思ったからです。

私は今、パソコンを使って生計を立て、自由な生活をしていますが、会社員生活も経験しているので、その会社員時代の経験を生かせるのではと思い、応募しました。

 

 

・今回の受賞企画の立案までの経緯や工夫、ヒント、苦労した点

問題を多角的視点から考えるように意識しました。お題名だけで判断すると部下を救う企画を考えよ、みたいに捉える人が多いと思うのですが、上司には上司なりの理由があるのではと思ったんです。だったら、どちらもwin-winになる企画を考えないとこのコンテストを勝ち抜けないと思い、「Work Life Eco」という企画を考えました。どの企業でも導入できるような、汎用性も企画を作るうえで常に意識しましたね。 

 

 

・自信はありましたか

着眼点には自信がありました。ただ、今サラリーマンをしているわけでもないので、そういった部分で不利じゃないかとは思っていました。ですので、グランプリを取れたことは、自信になりました。

 

 

・次回のコンテストも応募して頂けますか

自分の経験が生かされることはこの上ない幸せなので、ぜひまた応募したいですね。次回もグランプリを取れるように頑張ります。

 

 

・どうもありがとうございました。